SSS

□オーブン夢
1ページ/1ページ




ゲストを呼び開かれる華やかなお茶会に、オーブンの妻になって初めて一緒に参加する事になった。
ドレスを着て行きなさいとの事でドレスを着たのだけれど、着なれないドレスに何だか緊張してしまう。

「どう?変じゃないかな?」

「似合ってるぞ、見違えた。…あまりに綺麗だからよ。」

「そ、そう?…ありがとう。」

オーブンの言葉がくすぐったくて私が笑うと自信を持てと言ってオーブンも笑い、私の背中にそっと手を添えられる。

「それじゃあ行こうか、妻よ。」

オーブンのエスコートを受けながら、一緒にお茶会の会場へと向かった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ