SSS

□レザン夢
1ページ/1ページ




身分違いだから好きになっちゃいけない。
そう思っているのにいつも優しくされて、

「私に優しくしないで下さい…。」

優しくされる度に好きになってしまいそうで、思わずそんな事を口走ってしまった。
レザン様が驚いた顔をする。

「…なぜ?」

「勘違い…してしまいますから。」

私がそう伝えると、レザン様は腕を組み何かを考え始めて。

「…それは良い傾向なのだが。」

「はい?」

「私はそなたを好いているからな。」

困った様に笑うレザン様。
嗚呼、好きになっても良かったのですね。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ