SSS

□カタクリ夢
1ページ/1ページ




足を組んで座っていたカタクリに抱き上げられ、ぼふっと膝の上に座らされた。
勢いが良くて硬いカタクリの腹筋に鼻をぶつけて、

「…痛いのだけど。」

と訴える。

「…ああ。」

謝罪はないのか、そう思い顔を上げるとチュッとキスをされた。
離れるとそっと、指先で唇に触れられる。

「お前のここが欲しくなった。」

真顔で言うカタクリに、顔が熱くなってしまった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ