SSS

□オーブン夢
1ページ/1ページ




恐ろしい悪夢を見た。
熱いと、止めてと泣き叫んでもやめてくれなかった…オーブンに焼き殺される夢。

「どうした、顔色が悪いぞ?」

大丈夫かとオーブンが心配そうに手を伸ばしてくる。
夢の中ではこの手が、私を焼いた。
でもこれは現実だから。

「…大丈夫。」

自分に言い聞かせるかの様にそう呟いて、オーブンの手に抱き付いた。
熱くない、ただ温かくて優しいオーブンの手。

「……大丈夫だから。」

もう一度そう呟いてオーブンの手にすり寄ると、オーブンそうかと何も聞かずに私の頭を撫でてくれた。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ