SSS

□モンドール夢
1ページ/1ページ




カリカリカリカリと書き物をしているモンドール様は、今朝からずっと忙しそうだ。
モンドール様が居る同じ図書室内で私も朝から仕事をしているが、ずっとモンドール様の背中しか見えず少しも動いていない様に思える。
モンドール様は朝から休憩の一つでもしていただろうか…否、そんな様子は全く見受けられなかった。
ずっと見ている羊皮紙から少しでも顔を背けた方がいい。

「モンドール様。」

「…。」

「…モンドール様!」

「…あ?どうした?」

二回名前を呼んで、ようやく私に気付いてくれた。
それだけ集中していたのだろう。
モンドール様がこちらに顔を向けて怪訝そうな顔をされた。

「モンドール様、そろそろ休憩されませんか?長時間机に向かってるみたいですし…」

「ああ…もうこんな時間か。」

時計を見ながら気付かなかったなと呟いて、モンドール様が羽ペンを置く。

「確かにお前の言うようにそろそろ休憩でもするか。」

椅子から降りて立ちあがり、モンドール様がぐぐっと伸びをした。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ