SSS

□オーブン夢
1ページ/1ページ




お菓子を食べていたら視線を感じた。
一緒にお菓子を食べていたオーブンがいつの間にか食べる手を止めてこちらをずっとニコニコと笑いながら見ている。
見られている事が気になり妙に食べ辛い。

「私の顔に何か付いてます…?」

「いや?お前の食べてる姿が可愛いくてよ。」

目を細めてニッコリ笑い掛けられた。

「あ、あまり見ないで下さい…」

恥ずかしさから目線を反らし、隠す様にお菓子を食べると、

「せっかく可愛いのに隠すなよ…」

と残念そうな声が聞こえた。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ