SSS

□アナナ夢
1ページ/1ページ




幼いご兄弟様方のおやつの準備をしていたら、テーブルの下からひょっこり出てきた小さな手がテーブルの上のクッキーを一つ拐い消えた。
テーブルの下を覗き込むと末妹のアナナ様がモグモグとクッキーを食べている。

「つまみ食いは良くありませんよアナナ様?」

クスクス笑いながら嗜めると、

「だってお腹空いたんだもん。」

とアナナ様が頬を膨らませた。

「もうすぐメリエンダですから。」

「…お姉ちゃんも一緒に食べる?」

くいと私の服の裾を掴み、小首を傾げて問い掛けてくるアナナ様。

「アナナ様のご希望でしたらご一緒いたしますよ?」

「じゃあ一緒に食べたい!」

「はい、ではご一緒に。」

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ