紅の祓魔師

□序章
2ページ/3ページ




神月(かみづき)穂邑(ほむら)/姉


神月(しずく)/妹






年齢:15歳


肩書:正十字学園高等部特進科1ーA
   正十字騎士團・上二級祓魔師
   祓魔塾・悪魔薬学1年生担当講師補佐


誕生日:10月20日


血液型:A型


身長:166cm


体重:46kg


趣味・特技:ナンプレ(数独)、喫茶店巡り、ヴァイオリン、狙撃、一度集中すると周りの声や音がほぼ聞こえなくなる


平均睡眠時間:5時間


平均入浴時間:40分


好きな食べ物:麺類(特に蕎麦)


好きな言葉:オパールの宝石言葉


好きな漫画のジャンル:サスペンス、ミステリー、その他少年物


好きな音楽のジャンル:ロック、邦楽


好きな異性のタイプ:考えた事ない


好きな休日の過ごし方:仕事中に出来ない事をやる(寝る、仕事に関係ない本を読む、お菓子作りなど)


今一番欲しいもの:ストラディバリウス


コンビニでよく買うもの:炭酸以外のペットボトル飲料、スイーツ


夜眠れない時にすること:ヘッドホンで音楽を聴く






双子(一卵性双生児)の姉妹



幼い頃、彼女達が暮らしていた修道院がサタンの青い炎に焼かれ、全焼



この時、片割れが亡くなった



駆け付けた藤本獅郎に保護され、正十字騎士團日本支部に預けられた



元々は悪戯好きで、よく笑う明るい性格だったが、上記の事件後からは物静かな性格に変わった



が、悪戯好きなのは変わっておらず、成功すると小悪魔のような悪戯っ子の笑みを浮かべる



また、事件後からは常にフードを被るようになり、どのような服装でもパーカーやコート、外套などフードが付いている物を羽織っている



上二級祓魔師で、奥村雪男より階級はひとつ上だが、祓魔師の資格を取得したのは14歳で彼の1年後になる



騎士(ナイト)竜騎士(ドラグーン)手騎士(テイマー)医工騎士(ドクター)の4つの称号を持ち、ある特殊な武器を手に戦闘を行う



将来の聖騎士(パラディン)候補と言われているが本人にその気はなく、それもあってか最後のひとつである詠唱騎士(アリア)の称号を取得する気もないらしい



使い魔として、マルコシアスという悪魔と契約を結んでいる



祓魔塾の講師を勤める雪男の補佐として、対・悪魔薬学の授業に参加している



雪男とは、獅郎に紹介されてからコンビを組んでいる



名門校・正十字学園に入学



雪男と同じクラス



成績優秀で運動神経も抜群だが、目立つ事が嫌いで面倒くさがりな面もあるため、それが公に発揮される事はない



奥村兄弟の出自については、獅郎から聞いて知っていた



実は獅郎を、父も同然に慕っていた






マルコシアス



『ゴエティア』および『悪魔の偽王国』に列挙された魔神の一人で、30の軍団を指揮する地獄の大いなる侯爵である。『ゴエティア』では35番目に、『悪魔の偽王国』では31番目に記載されている。名前は俗ラテン語で侯爵を意味する"marchio"に由来する。

『ゴエティア』によるとグリフォンの翼と蛇の尾を持ち、口からは炎を吹く狼の姿で現われ、召喚者の命令によって人間の姿になるという。強力な戦士であり、全ての疑問に正しい回答をする。また、取引をする召喚者に対してとても誠実である。

元は主天使であり、かつて主人だったソロモン王に1200年後に第七の玉座に戻りたかった、と話した事が『ゴエティア』には記述されている。『悪魔の偽王国』でも同様の記述があり、彼がこの願望に惑わされた、という記述があるがソロモン王に話したとは書かれていない。

ウィキペディアより
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ