紅の祓魔師

□第1話
1ページ/1ページ




「奥村くんって、何科?」



雪男「と、特進科・・・」



「わぁ、やっぱり!」



「背も高いねぇ!」



正十字学園の入学式が終わり、奨学金を勝ち取ってここの1年生となった奥村雪男



ただ今絶賛、女子に囲まれ中だった



雫「雪男」



雪男「あ、雫さん」



灰色のパーカーを、正十字学園女子制服の上から羽織っている、フードを被った少女



彼女を視界に捉えると、雪男は馴染みの少女が来た事に内心ホッとした



彼女、神月雫とは、ほんの数年程だがコンビを組んでいる仲だ



他の女子達と違って、キャーキャー騒ぐ事がない



それが、気楽だったりする



ぐいっ



雪男「え?うわっ」



パーカーのポケットに両手を突っ込んでいた彼女を、危なっかしいなと眺めていた雪男



だが目の前まで来た彼女が手を出すと、突然手首を掴まれて引っ張られる



後ろで不満そうな女子達の声が聞こえる中、彼女は一言も話さずただ引っ張る



雪男「あ、あの・・・雫さん?」



ぴた



雪男「?」



雫「・・・・・・来るのが遅い。探した」



雪男「え?・・・あ」



入学式終了後、合流しようと約束していたのを思い出した



向かう途中で女子達に捕まり、どうしようかと悩んでいた所に彼女が来た



それもあってか、一瞬頭から約束が飛んでいた



雪男「・・・うん。ごめん、遅くなって」



雫「・・・・・・奢り?」



雪男「はいはい。喫茶店でいいよね?」



雫「・・・うん」



少しでも機嫌が悪いと、こうして奢ってくれるかどうかを聞く



まだご機嫌取りが出来る程のものらしく、こんな時は喫茶店で紅茶やスイーツを奢れば、だいたい機嫌を直してくれる



彼女なりの、不器用な甘えなのだろう



雪男はそう思う事にしている



雫「今日からだっけ?」



雪男「え?」



雫「塾」



雪男「そうだけど・・・本当にいいの?僕の補佐役なんて・・・」



雫「私に講師なんて無理。絶対無理。口下手だもん。雪男の方が合ってる」



雪男「いや・・・雫さんの場合は口下手と言うよりも、行動の方が先に出過ぎっていうか・・・人見知りが激しいというか・・・」



人見知りが激しくて、言葉よりも行動の方が先に出てしまう



それが彼女だという認識が、雪男の中にはあった



苦笑する雪男に、彼女はそっぽを向く




















雪男「緊張してますか?」



雫「別に」



祓魔師(エクソシスト)が着るコートを着て、左胸にバッチを付ける



その上から更に、彼女は黒い外套を羽織ってフードを被る



雪男「・・・」



ふわり



雫「!」



後ろからフードを軽く引っ張られ、急に視界が明るくなった



パッと振り返ると、やはり苦笑した雪男がいた



雪男「フードを被ると、視野が狭まるから危ないよ?それに、勿体無いと思う。雫さん、髪も瞳も顔もせっかく綺麗なのに。それを隠すなんて」



雫「!?」



雪男「・・・って。これ、前から言ってると思うんだけどな」



爽やかなまでの笑顔を向け、彼女に微笑み掛ける



幼い頃、ずっとフードを被っている事に疑問を抱いていた



フードを取ったところを見せてくれた事はないし、被る理由も教えてくれた事はなかった



だが一度だけ、フードが外れた時があった



酷い雨の中、ようやく雨宿りできる場所まで来た時だった



バサッと音がして、そちらを見た



見た瞬間、雪男は目を見開いた



彼が見たのは、雨水が付着したためか、輝かしい長い銀色の髪



海のように蒼く、深いのに透明感のある美しい瞳



まともに見える彼女の素顔が、そこにあった



いつもフードを被っているせいで、まともに見た事がなかった素顔



単純に一言、綺麗だと思った



以来、こうして隙あれば後ろからフードを引っ張り、彼女の素顔を見るようになっていた



なぜそんな事をするのか?ーー流石に何度もやっていれば、そう聞かれるのは当然だった



その時に彼が答えたのが、先程の言葉だった



「フードを被ると、視野が狭まるから危ないと思って。それに、勿体無いなって。雫さん、せっかく髪も瞳も顔も綺麗なのに。それを隠すなんて」



最初にこれを聞かされた彼女の反応を、雪男は鮮明に思い出せる



数回瞬きをした後、みるみると顔が赤くなっていった彼女



それを見て、彼はクスクスと笑った



照れて、恥ずかしそうにする彼女を見たのは、あれが初めてだったからだ



当然ご機嫌ナナメになった彼女をなだめる事になり、喫茶店で紅茶とスイーツの両方を、奢る羽目になったのだが



だが、そうなってもお釣がくるくらいだと思える程、雪男は珍しくて良いものを見たと思った



はっきり言うと、財布の中身以外は得した気分だった



おそらく父・藤本獅郎でさえも、彼女のこんな顔を見た事がないだろうと思えたから



雫「また、変な事言ってる・・・バカ雪。先行くから」



雪男「補佐が講師より先に行ってどうするんです?」



雫「!」



また、照れ隠しだ



雪男〈雫さんのそういう所が、可愛い〉



雪男「さて。では、行きましょうか」
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ