小説




アナタのためなら
この声が枯れるまで
唄い続けます

だから
ずっとお傍に置いてください
ずっと

ずっと






表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ