Main

□田島の記念日
1ページ/2ページ

 日中は日差しも強く暑いとも言える日があるが、最近はさすがに朝は寒い。

「あーっす!」

 ユニフォームは勿論、アンダーまで半そでで登場した彼には、そんなこともお構いなしのようだが。

「はよ。うわぁ田島、それ寒そうだね。」
「今寒くても朝連終わってる頃には汗だくだろー?だから今からあっつくないカッコしてんの!」
「そうだねー。」

 寒そうと言った栄口が納得する。それだけ練習は朝からハードなのだ。

「でさー、おれ今日なーんか忘れてる気がするんだよねー。」
「何が?」
「いや、家族みーんなニヤニヤしてこっち見てたんだけど、なんだったかなー。栄口、おれなんか顔についてる?」
「ついてないよ?」

 そんなことを話していると、次々に部員たちがやってくる。二人の会話は中断された。

 いつもの通り瞑想をしてストレッチをしてから、ボールに触れる練習を開始する。


「あーっす!」

 遅れてやってきたのは、マネージャーの篠岡だ。彼女はいつも部員たちより遅く登校してくる。しかし、彼女の手早さがあればその時間で十分なのだ。


 やがて練習が終わり、元気な田島が一番にベンチに戻ってくる。

「しのーかー!今日のおにぎりのおかず何ー?」
「あ、田島君!」

 田島は昨日のおにぎり争奪戦で一位を取ったのだ。

「田島君は今日は海老天!」
「おお、今日も海老天あんの!?」
「うん、楽しみにしててね!」
「おうっ!」

 いつもの(田島が一位になった時の)会話。いつもはここで終わるのだが、今日は続きがあった。

「あ、そうだ。田島君って今日誕生日だよね!」
「・・・あ!そうだった!!」

 朝から家族がニヤニヤしていたのはこれが原因だったのか。忘れていた。

「田島君誕生日おめでとう!」

 自分だけに向けられた笑顔。これは自分が誕生日であることが故の特権である。

「お、ありがとな!」

 いつものとおりの返事ができただろうか。篠岡にそんなことをされるとなぜか緊張してしまう。

 そんなことを考えていると、後ろから声がかかった。

「あ、田島今日誕生日なんだ。おめでとう。」
「お、おめでとう・・・」
「おめでとう。」

 口々にみんなからお祝いされる田島。
 誕生日・・・そういえば三橋もお祝いしたっけ・・・。

「なあ、今日の放課後集まってパーティーしねぇ?」
「はぁ?」
「だって三橋ばっかりずるいじゃんか!俺もあんな風にお祝いされてぇよ!」

 そこへ突っ込みが入る。
「でも今日も部活終わるの遅いぜ?それ以上遅くになんてできねぇだろ。」

「そうだよなぁ・・・。」

 そこへ、珍しく口を出したのは西広だ。

「週末にやらない?」
「ああ、それいいねぇ。」

.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ