Main

□図書館の憂鬱
1ページ/5ページ

 正直、図書委員長なんてやりたくなかった。



ざわ・・・ざわ・・・ざわ・・・

 放課後のこの時間、いつもはもっと静かなのに、雨が降った所為で図書室には人があふれている。

「静かにしてくださーい」

 カウンターから呼びかけた私の注意する声に反応するかのように(実際反応したらしい)友達がカウンターの外で振り向いた。私の図書当番が終わるのを待っているのだ。

「何よ蒼、委員長やりたくないとか言っておいて。すっごいやる気じゃない。どうしたの?心境の変化?」
「別に、なんにも変化してないよ。」
「だったら何でそんなにやる気なの?」

「やる気になるから嫌なの。」
「あー・・・」

 注意したばかりなのに、うるさい。図書室のマナーがなってない人ばかりだ。
 図書委員長になると、こういうことがすごく気になってくる。だから嫌だったのだ。

 でも、何もせずに図書室がうるさいのより、めんどくさいことをして静かになるほうがいいのだ。

「ごめん汐原さん、ちょっとこの仕事頼まれてくれる?」
「はい、いいですよ。どうされたんですか?」
「ちょっとあのうるさい集団、黙らせに行って来る。」(ニッコリ)

「は、はい・・・。」

(き、如月先輩、後ろから黒いオーラが漂ってます・・・!)
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ