Main

□三橋の非日常
1ページ/7ページ


 打ち合わせなんてほどじゃなかったけれど、自分の考えを三橋に打ち明ける。



 三橋の当主としての腕は信頼できるという言葉でなんか片付かない。

 そして、自分たちのいるカウンターの近くにはあのオレンジの液体が入った、野球のボールに似た形のボール。






 これは、使わない手はないでしょう!?







.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ