小説

□都会派のお客さん
1ページ/6ページ

「は〜あ、今日も大変でした。お客さんもだいぶ来ましたし、注文もけっこう来ましたから」

私はいつものように帳簿に記録をすると、大きく気伸びをして呟きました。
春も少しばかり通り過ぎて花粉が押さえ気味のこの日、雲も空に点々とあって過ごしやすい日でした。
だからでしょう、少し早い時期なのにアイスを頼みにくる人や、どこか出掛けようと思って来る人がいるということは。
年中無休、だと私が倒れますから多少は休みがありますけど、こういう日に店を開けたのはラッキーでした。
今日も相変わらずの黒字です。ですけどお金を何に使うわけでもありませんから、貯めておいて何かあったら使おうかと思います。

「お邪魔するわね」

私がそんなことを考えていると、暖簾を下ろして今日は終了したと書いてあるはずの扉が横に開いて、馴染みのある人物が顔を見せました。

「こんにちは、上海ちゃん。相変わらず可愛いですね」

「シ、シャンハーイ」

私は微笑みながらその人物に言うと、それを見ていた相手は少しだけムッとしているのが分りました。

「じょーだんですよ。上がってください、アリスちゃん」

私はドアの外にいる人物にそう言いました。




「何か飲みますアリスちゃん?」

「じゃあ紅茶。それとそのちゃん付けは止めてくれない?」

「だが断ります。紅茶は最近ティーパックでどこまで美味しい紅茶を作れるかチャレンジしてるので、それを出しますね」

場所を洋風の所に移して、私は調理場から紅茶とクッキーを持ってきました。
今回はクッキーのモチーフを某黒白さんの顔にして、なせが″ゆっくりしていってね!″と言いたくなるような表情のクッキーにしてみました。前作の博麗さんのと同じように、美味しいけれども、何故か割りたくなるという言葉をよく貰えました。
そんなクッキーを見ると、アリスさんは特に何も言わずに口に運びました。あまり気にしないようでなによりですね。

「…紅茶が美味しい。これって本当にティーパックで入れた紅茶?」

「そうですよ。基礎とも言える事を着々として、隙の無い紅茶だと思います。まぁしっかりした物には負けますけどね」

こう言っては何ですけど、私は美味しさという物は二種類有ると思いますね。
一つ目は調理も材料もしっかりとしていて高級感のある美味しさ。
二つ目は材料も調理もそんなに凝らない美味しさ。
例えば子供たちは私の作る凝ったお菓子も確かに美味しいと言ってくれますが、家で親が作ってくれるお菓子には敵いません。単純なのにそちらのお菓子も確かに美味しいのですから。
だから最近は身近に有る美味しさを表現しようと思います。難しいですけど、新しく目標ができたのは悪い事ではありません。

「今日は何か用でもありましたか?それともただ遊びに来たとかですか?」

「後者が正解。三日ぶりに魔法の研究に一段落ついたから、少し羽を伸ばしに…ね。迷惑だった?」

「いいえ、歓迎します。誰かと話すことは私にとって一番好きな事ですから。アリスちゃんなら尚更です」

相変わらずね、とアリスさんは会津をうって少しだけ笑いました。

アリスさんは魔法使いです。人間の魔法使い、というわけではなくて、魔法使いという種族なんじゃないかと私は思います。
人間の魔法使いと魔法使いの違いは、捨食の術を行ったかどうか、ぶっちんと分かりやすく言えば、長寿であるかないかの違いですね。
ですから人間の魔法使いがその術を使えば魔法使いになれます。
…さて、それでは魔法使いは人間ではないのでしょうか?
妖怪と捉えることもできますし、仙人や天人のようなものだと考えることもできます。
まぁ私には関係ないですし、魔法については専門外ですからどーでも良いんです。アリスさんはアリスさんですから。

「ですけど3日もぶっ続けは身体に悪いです、アリスちゃん。蓬莱の方々じゃないんですから、身体を壊すこともありますし、体力だって限られているんですから」

「そういうモノよ、魔法使いなんていうのは。集中しすぎて気がついたら3日たっていたって言うだけの話。まぁ…流石に何日もお風呂に入らないのはどうかしているわね」

「やれやれ、時間感覚が相変わらず変ですね。このままだと通常で12時間、冬は24時間睡眠をとる某大妖怪さんみたいになっちゃいますから、ほどほどでお願いします」

思ってみると、時間を大切にする、というのも人間らしい独特の考えで、ほぼ時間が無限にある方々、…幻想郷にはいっぱい居ます。
彼らはその考えを持たなくて不幸だったのか、それとも幸せなのか、こうした考察も私にとっては楽しみの1つです。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ